足利市の不動産のことなら、【ランドハウスネットワーク】へ相談しよう!

足利市は佐野市や群馬県に隣接する歴史ある町です。
工業団地を持ち、人口も多い地域です。

そんな足利市で不動産情報を探すなら、【ランドハウスネットワーク】がオススメです! 
【ランドハウスネットワーク】は佐野市に拠点を置く会社ですが、足利市の情報も取り扱っています。

【ランドハウスネットワーク】では、住宅用地、店舗用地、事業用地、事務所用地、分譲地、中古住宅、売りマンション、売りアパートなど、幅広い物件を取り扱っています。

足利市にも分譲地を持ち、中古物件、売り地や貸し地、貸店舗の情報も掲載されています。

不動産売買だけでなく、多くのアパートなどの斡旋も行っています。
アパート建設と管理も同時に行っていますので、土地を持っていてアパート経営を考えている方、空き室のあるアパートを持つ大家さんも、ぜひ、一度相談することをオススメします。

家賃のチェックと滞納者への催促、体質の立ち会い、敷金の精算業務のお手伝いも行っているので、遠地にいる大家さんには大変便利です。

また、相談したい不動産のある方は、査定を無料で行ってくれますので、メールで相談することもできます。
足利市不動産のランドハウスネットワーク

足利市で不動産の相談をしたいなら、こちらのWEBサイトをのぞいてみてください!

青色申告で65万円の特別控除が受けられる

自営業者や法人事業者にとって、合法的な税金対策は必須です。

その、合法的な税金対策手段として青色申告があります。

青色申告することによって、自営業者なら家族を青色事業専従者という名目で、働きに応じた給料を支払うことが可能で、それは必要経費に参入することができます。

また、法人では青色欠損金を9年間繰越して利益から控除することができます。

ただし、欠損事業年度後、繰越控除を利用する事業年度まで、継続して確定申告を行っていることが条件になります。

青色申告をするメリットは他にもあります。

それは、65万円の特別控除を受けることができることです。

青色申告に対して白色申告があります。

白色申告は、複式帳簿をつける必要がなく、帳簿記録に基づかないで申告する方法で、開業届けを提出する必要もないことから、青色申告のような特別控除はありません。

ただし、平成26年4月からは、300万円を超える不動産所得や事業所得、もしくは山林所得があれば、白色申告といえども支庁制度や記録保存制度を義務づけられるようになりました。

65万円の特別控除を受けることができる青色申告は、複式簿記で記帳(貸借対照表及び損益計算書を確定申告書に添付)、なおかつ、税務署に青色申告の届けを提出しなければなりません。